» 2015 » 10月のブログ記事

※※重要※※

いつも本ブログを御高覧いただき、ありがとうございます。
本日のブログは、10月20日の青木教室のブログを
御高覧いただいた後に御高覧いただきますと
より一層お楽しみいただけるかと存じます。

リンクはコチラ → 青木教室ブログ「幕末偉人伝」

 

本日は、レクの日!!!!

ということで、全員が揃ってところで
公園へGO!!

日が沈むのも早くなり、辺りはもう薄暗いのですが
アミークスの仲間達は、そんなことは全く気にしません。

オニごっこから始まり、色オニ、ポコペンをして、楽しみました。

ところで、皆さんは「ポコペン」という遊びをご存知でしょうか?

ウィキペディア先生によると

「全国統一ルールが無い遊び」

として紹介され

「関東の一部では、変則缶ケリとして遊ばれている」

というようなカタチで紹介されておりますが

まさに私が育った地域が

この「関東の一部」であります。

簡単なルールを説明いたしますと……

まず「木」や「電信柱」「ポール(外灯など)」を1つ決めます。

オニは、その「木」などに向かって目を閉じ、数を数えます。

そして、オニ以外の子ども達は隠れます。

オニは、隠れた子を見つけた際に「○○見っけポコペン!!」

と言って、その「木」などにタッチします。

そうすると、その子はアウトで
逆にオニが、名前を言って「木」などにタッチする前に
その「木」などにタッチすれば、オニの負けとなるというのが

「関東の一部」のルールです。

今日は、公園内ということで
オニがタッチするべき「木」を決めて遊んだのですが

あるお友達(特に名を秘す為、以下Aさん)が、オニの時にハプニングが……

数を数え終えて、他の子達を探すAさん。

注意深く、周りを見渡しながら
他の子が隠れていそうな場所に近づくと

「うわあぁーーーーーーッ!!」

と叫びながら、物陰から飛び出してきたのは

ルーさんと、ヤマセイくん。

2人の姿を確認して、すかさず走り出すAさん。

スバラシイ反射神経で、走り出しました。

ルーさんとヤマセイくんより早く「木」にタッチして名前を呼べそうです。

懸命に走る2人でしたが、残念ながら間に合わないことは明らかです。

「あ~…こりゃムリだな~」

と思いながら見ていた私の目の前で信じられないことが起こりました…

なんと、タッチするべき「木」を勢いよく通り過ぎて行くAさん…

「へっ????Aさん!!木を間違えてるよ!!!!」

と私が声を懸けた時には、すでにルーさんとヤマセイくんが
笑いながら「木」にタッチをしてしまい

Aさんは「別の木」の前で、沈んでいました……

カワイソウですが……大笑いさせていただきました。

その後、真っ暗になったところで
教室に戻り、宿題のチェックの続きと
宿題プリントの答え合わせを行ったのですが

Aさんのウッカリは、とうとう信じられない出来事を起こします。

それは、Aさんの自学習ノートを確認させていただいた際のこと……

社会科の歴史についてまとめて来てくれたAさんですが

調べて来てくれた人物のお名前が

陸奥宗米!!!!

ダ……誰???(チーン

ん?!……もッ…もしかして……

坂木竜長さんの仲間か????

南鳩ヶ谷の仲間達に、この衝撃の共時性をお伝えさせていただき
一同で大笑いさせていただいた次第です。

Aさんには、確認(見直し)する事の重要性を
懇々とお話しさせていただいたことは、言うまでもありません。

そして、本日は「宿題」に関しましても
大切なお話しをさせていただきました。

それは……

丁寧にヤリすぎるあまり、時間が掛かり過ぎている

という、困ったお話し。

誤解のないように最初に申し上げておきますが

丁寧にヤルのは、悪い事ではありません。

寧ろ良いことです。

理想を言えば、より丁寧に、より早く、より多く、
より正確にできるのが一番です。

しかし、丁寧にやろうとするあまり時間が掛かり

問題の演習の量が減る。

コレは困ります。

デキないのならばまだしも
暗算でできることをワザワザ筆算の式まで
丁寧に書くのは無駄だということです。

ノートをキレイにまとめるのは復習の意味で大切なことではあります。

けれども、演習を必要以上に丁寧にヤルことには、疑問を覚えます。

小学校低学年の子が、丁寧にやりましょうね♡

と言われるのは、全然違う意味です。

しかしながら、このお話しの厄介なところは

本人は頑張ってやっている!!

という所です。

ササーッとやれば30分で終る宿題を
2時間以上掛けて丁寧にやっているんですから…

本人としては

「ガンバッテやってンだかんネ!」

と誇らしい気持ちになるのは当たり前のことです。

しかし、それで問題の演習量が減りテストの点が悪いのでは

お話しにならない!!!!

ということです。

ササッと30分で終らせて、さらに1時間自学習を頑張って

残り30分は遊ぶ!!

これが一番イイんじゃネ?

「いわゆるお勉強」は、質と量です。

そして、豊かな人間性というものは、「いわゆるお勉強」だけでは育めません。

繰り返しになりますが、新しい単元の学習が始まり
ミスを失くすために丁寧にまとめることは必要です。

しかし、「いわゆるお勉強」に関しては
デキることを丁寧にやり続けても意味はありません。

断言しますが、その学習の仕方では
中学校、高校での定期テスト、
ならびに受験勉強で結果を出すことは出来ません!!!!

中学生や高校生になれば、今よりもっと時間の制約を受けます。

最近の中学生を見ていると、気の毒になるぐらい時間が無いように感じます。

勉強、部活を両立させたいと頑張っている姿を見ると
応援してあげたいと思うと同時に気の毒になってしまうのです。

人生の中でも、特別な意味を持つ「十代の時」
そのような使い方で、本当に良いのか?と思ってしまうのです。

色んなモノ(コト)を見て、聞いて、触って、感じて

味わって欲しいと思っています。

多様な価値観に触れること、何かにガムシャラに打ち込むことも
無為の時間を過ごすことも大切だと思っております。

かつて私が若かりし頃、母親からの手紙にこんなコトが書いてありました。

「若い頃の無為の時間というものは、とても大切です。

けれども程度によります。」

いやー耳が痛いというか、心が痛いというか……

とにかく

バランスを考えなければ、パフォーマンスを考えなければダメ!!

そんなお話しを、大切なアミークスの仲間達にさせていただいた次第です。

時間もヤル気も消耗品であると考えて
経済的にお使いいただきたいと存じます。

17時開錠となる南鳩ヶ谷教室。

今日は、いつもよりちょっと早めに到着したため
隣接している公園を1人でブラっと歩いてみました。

何の気無しに歩きながら、ふと足元を見ると

キラリと光る物体が……

正体は、ドングリでした。

子どもの頃、宝探しのように拾い集めていたことを思い出し

1つ拾い上げて見つめながら

「フッ……」

とニヒルな笑みを浮かべて、背中に哀愁を滲ませてみました……

そうそう……

生で喰うと渋いんだよな~~

なんてコトを考えているとは、誰も気付かないでしょう。

そんな、私のダンディなヒトトキはさておき

本日も南鳩ヶ谷教室は、元気にスタート!

まずは、いつも通り自習タイム。

その間に、お一人づつ宿題のチェックをさせていただき

17時半から、宿題だった作文(テーマは友達)の

回し読みをさせていただきました。

どの作品も、キラリと光るモノがあるのですが

特筆すべきお友達が2名。

まずは、南鳩ヶ谷教室の新しい仲間

ヤマセイくん!!!!

言葉の使い方、語彙数、ともに高い潜在能力を感じました。

2人目は、M・Aちゃん!!!!

毎年、ほとんど同じテーマで作文を書いていただいているため
実は、このテーマでの作文は2回目となるM・Aちゃん。

話しの核となる部分は、一緒なのですが
成長を感じさせてくれる内容となっておりました。

文章力を上げるには、まずたくさんの本を読むこと

そして、作文そのものをたくさん書くことが必要だと思っております。

放課後アミークスの仲間達には、
ぜひともたくさんの本に出会い、たくさんの作文を書き
表現力を磨いていっていただきたいと思います。

そんなこんなで、作文の回し読みの後、5分休憩を挟み

4年生のハマショウくんは、面積の単元。

5年生は、倍数と約数の単元。

6年生のヤマさんには、比と比の値の単元。

という感じで、それぞれに取り組んでいただきました。

その後、時間差で、すべて答え合わせをさせていただき

本日の南鳩ヶ谷教室は、無事終了いたしました。

さあ、来週はいよいよレクの日。

「やるべきこと!!」

を、しっかりとメリハリつけてガンバッテ

大いに楽しみましょう。


ところで、本日の休憩の際に

ターさんが、皆にアメを配ってくれました。

ターさん、そしてターさんの保護者様。

ありがとうございました。

新しい仲間

| 未分類 |

天高く馬も我も肥ゆる秋

実りの秋、食欲の秋

米もウマけりゃ、オカズもウマい
そんな夢の季節がやってまいりましたが

やって来るのは、季節だけではありません。

なんと本日、南鳩ヶ谷教室に
新しい仲間がやってまいりました。

その名は……

ヤマセイくん!!!!(パチパチパチ)

5年生の男の子です。

本日は、初めての授業ということで
お父さんも、ご見学に訪れてくれました。

ちなみに、いつものように一人賑やかに登室してきた
ターさんは「教室に知らない大人の人がいる」ということに気付いた瞬間。

ビックリして、動きが止まった上に目が泳いでおりました。(笑)

そんなターさんの驚きをよそに
いつも通り、自習タイムに全員分の宿題をチェックさせていただいてから

放課後アミークスという「場」と「約束」について
お話しをさせていただき、簡単な自己紹介を経て、授業開始。

4年生のハマショウくんは、計算の決まりの単元。

6年生のヤマさんは、文字と式の単元の復習。

そして5年生は、公倍数と公約数についての授業をさせていただきました。

新しい仲間を迎えた南鳩ヶ谷教室。

今までとは、また違ったカタチになってくることでしょう。

子ども達と一緒に楽しみながら、良いカタチを創りあげていきたいと思います。


ところで、本日はアミークスのスポンサーの皆様からの
お知らせとプレゼントが、いくつかございました。

まずは、配布物として
粥膳かやと様のパンフレット。

続いて、(株)ポエル様から
子ども達へ、消しゴムのプレゼント。

さらに、ハッピープライス様より
邦楽オムニバスCD4枚セットを
プレゼントしていただきました。

今日のお話しの中でも触れましたが
放課後アミークスの仲間達には

「自分たちを応援してくれる、たくさんの大人の人達がいる」

ということの意味を、しっかり考えていただきたいと存じます。

文末とはなりますが
粥膳かやと様、(株)ポエル様、ハッピープライス様
そして、応援いただいている皆様。
いつも本当にありがとうございます。