» 2016 » 10月のブログ記事

トリック オア トリート♪

お菓子くれなきゃ宿題倍にするゾ♡

というワケで、今日は皆が待ちに待ったハロウィンの日……

じゃなかった、レクの日でございます。

17時に全員が揃ったところで、公園へGO!!

まずは、オニゴッコで思いっきり走り回る子ども達。

もちろん私は、ベンチに腰かけて見守るのみでございます。

オニゴッコの後は、首領治傑多(ドンチッケッタ)
で、大いに盛り上がりました。

そう、なぜなら本日は、先週の青木教室がそうであったように

放課後アミークス5周年記念!!!!

ということで、スターの大盤振る舞い♪

勝ったチームのメンバーは、スターを10個GETできる!!

ということで、気合が入りまくりでございます。

そんな大盛り上がりの首領治傑多の後

さらに、何丁目何番地(これは、私も参加しました♪)

さらにさらに、バンソウコウという、変形コオリオニをして、教室へと戻りました。

教室に戻ってからは、いつも通りの自習タイム&宿題チェックをして

放課後アミークスという「場」について

南鳩ヶ谷教室の仲間達に、少しアツイお話しをさせていただきました。

それは、アミークスの仲間達に大切にしてもらいたいこと…

「幸せ」

についてと

「応援してもらうということの意味」

についてのお話しです。

我々一人ひとりが

ほんの少しだけ、誰かを幸せにするチカラを持っているということ

そして、応援をしていただくということは

「自分にそれだけの価値があるのか?」

という厳しい問いでもある!ということです。

そんな少しアツイお話しの後は

4名づつの2チームに分かれて

変形しりとり(文字数によって言葉を決める)をして楽しみました。

そしてなんと!!

本日は、嬉しいサプライズが……

ジョーくんのお母様が、ハロウィンということで

南鳩ヶ谷教室の皆に、お菓子を持って来てくれました♪

しかも、私にまで嬉しいプレゼント(子ども達と一緒に撮ったイベント時の記念写真)
をくださいました。

ジョーくんのお母様

ありがとうございました。

さあ!!

いよいよ来週は、みなさんお待ちかねの

漢字テスト!!!!

でございます。

しっかりばっちり練習して、良い結果を出してください。

もちろん目標は

全員パーフェクト!!!!

ですヨ♡

偏見

| 未分類 |

如何なものか?

そう思わざるを得ないことが
世の中には、溢れております。

様々なモノがある中で
本日、特に声を大にして言いたいのは

悪意の無いモノの見方(軽い偏見)!!!!

です。

それは、まさに今日のこと……

南鳩ヶ谷教室の授業を終えて帰宅し
私が、夕食を食べ始めた時のことです。

5歳の次男坊(超絶カワイイ)が
私のオナカをナデナデしながら

「アカチャンガイルンダネ~」

とほざきやがりました

しかし、そこはまあ私ぐらいのレベルの漢(オトコ)ともなると

「ここには、赤ちゃんじゃなくて、夢が詰まっているんだよ♡」

と、たとえ相手が5歳児でも、即座に抜群の切り返しを放ちましたが

オナカが大きい=赤ちゃんがいる

という図式を我が子に教え込んだ教え込んだヤツ!!

「ちょっとコッチに来いコノヤロー!!」

と声を大にして言いたいと思うのです。

「脂肪」ではなく「希望」でいっぱいなのだ!!!!

と言わずにはおれません。

だいぶ前置きが長くなりましたが

本日の南鳩ヶ谷教室も元気にスタート

まずは、いつも通りの自習タイム&宿題チェックの時間

今週も、リュウくんは大いに頑張りを見せてくれていました!!

エライぞ!!リュウくん!!!!(パチパチパチ)

そして、そのリュウくんのライバルとも言うべきジョーくんも

だいぶ、しっかりとした内容の自学習となって来ておりました。

その調子で、頑張れ!!ジョーくん!!!!(パチパチパチ)

そして、本日の宿題チェックにおいて

特筆すべきお友達が、もう1名おります。

それは……

ヤマセイくん!!!!(パチパチパチ)

相変わらず、マジメかつ優秀なヤマセイくんは

来たる11月7日の漢字テスト本番に向けて

万全の態勢を整えつつあります。

後は、ケアレスミスに気を付けて、パーフェクトの栄冠を
手にするのみ、というところです。

プレッシャーを掛けるつもりはありませんが

結果を楽しみにしております♡

そんなこんなで、自習タイム&宿題チェックを終えた後

少し休憩を挟み、始まりの挨拶をして

本日の授業がスタート!!

というワケで、本日の授業一発目は

全員に私の周りに来ていただき、スマホのアプリを起動!!

何を起動したかと言うと……

「鬼桃語り」

というアプリ。

今まで、様々な無料アプリを試してきましたが

この「鬼桃語り」は、超絶オモシロい!!!!

何がオモシロいって?

実は、このアプリ、英会話のアプリなのです。

しかも、RPGの要素を持ったゲームアプリなのです。

特に面白いのが、発音のテスト。

そこは、「しょせん」というと語弊がありますが

スマホのアプリなので、100%信頼できるのか?

と言われると、クエスチョンマークが付きますが。

発音がウマいか?ヘタか?で、敵に与えるダメージ量が変わってくるのです。

もちろん、発音以外の要素もございますが

このアプリは、子どもが英語に親しむには
秀逸としか言いようがございません。

てな訳で、10分ほど、このアプリを使い

皆で英語の発音ゲームを楽しみました。

と同時に、ツールであるスマホに使われるのではなく

使うのだというお話しをさせていただいた次第です。

ゲーム=遊び

というのも、悪意の無いモノの見方(偏見)であるということを
改めて、ここに記させていただきます。

そんな楽しい英会話アプリのご紹介の後は

5年生のお友達と、6年生のお友達の数名の復習を兼ねた

異分母の分数の足し算・引き算と

分数と整数のかけ算・わり算の単元のお勉強をさせていただきました。

ちなみに、週末に、お母さん・お父さんに教えてもらったという

ジョーくんは、抜群の理解力を示してくれていました。

その授業の際に、南鳩ヶ谷教室の皆様にお伝えをさせていただきました通り

「分からなかったり」

「できないコト」

は、何も恥ずかしいコトではありません。

お伝えをさせていただきました通り、もっと恥ずかしいコトがあるのです。

そこのところを、しっかり理解し

私がお教えする勉強方法で、結果を出すことが出来れば

誰もが、東大なんか余裕で合格できるのです!!!!

しかし、その道は決して平坦(簡単)なモノではありません。

けれども、それを知っているか?知らないか?

では、「月とスッポン」の意味が変わるぐらいの価値があると思っております。

噛みついたら離さない!!!!

それぐらいの気概を持って欲しいと考えています。

とまあ、何だか今週のブログは最後の最後で熱くなってしまいましたが

来週は、いよいよレクの日♪

やるべきことは、しっかりやって、大いに楽しみましょう♡

ブーメラン

| 未分類 |

本日も、元気にスタートした南鳩ヶ谷教室。

まずは、いつものように自習タイム&宿題チェック!!

その宿題チェックにおいて、特筆すべきお友達が1名……

その名は……

リュウくん!!!!(パチパチパチ)

なんと、41ページに亘り

いよいよ11月7日に開催される漢字テストに向けて
頑張って来てくれていました。

素晴らしい!!

素晴らしいゾ!!!

リュウくん!!!!

1学期の漢字テストの際も

都道府県テストの際も

自学習の際は、パーフェクトを取っていたのに

本番で、1問間違い…という本当に悔しい思いをしてきたリュウくん…

今度こそは!!

そんな覚悟と、執念を感じさせます。

ヘンにプレッシャーを掛けるつもりは、毛頭ございませんが

今度こそパーフェクトを取って欲しい!!

それが、私の本音でございます。

(ただし、漢字は、もう少し丁寧に書くようにしようネ♡

 とリュウくんには、アドバイスをさせていただいた次第です。)

そんなリュウくんの頑張りが輝いていた
自習タイム&宿題チェックの後は、少し休憩を挟んで

宿題として出しておりました作文の回し読みを行います。

黙々と、仲間達の作文を読む南鳩ヶ谷教室の仲間達。

読み終えてから、他のお友達の作文の良かった点を
それぞれに発表します。

放課後アミークスは、「単なる無料学習支援の場」ではなく

「無料塾」つまりは、「教育の場」であり

「子ども達の豊かな成長の場」であるために

設立当初から、「作文」というものを非常に大切にしています。

では、なぜ「漢字テスト」も行うのか?と言えば

「いわゆるお勉強」は「学び」のために必要不可欠なものであると考えているからです。

「学び」のために必要不可欠だということは

「幸せになるために、必要不可欠である」と考えているからです。

「なぜ?勉強(いわゆるお勉強)をしなければならないのか?」

という問いに対する答えの一つだと考えているのです。

貧困の連鎖や、教育格差、という刺激の強い言葉を受けて

「塾に行きたくても行けない子ども達のために…」

という学習塾のオルタナティブとも言える「学習支援の場」ではなく

「有為の人材を育む場」としての無料の塾

それが、放課後アミークスなのです。

とまあ……少々熱くなってしまいましたが

そんな想いもあって、作文の回し読みの後は

なぜ?放課後アミークスでは、作文を書くことを大切にしているのか?

ということについて、お話しをさせていただきました。

その熱い話の後、みんなの作文を拝読させていただいて

気になった点をお伝えすべく、ホワイトボードに一文を記しました。

それは

遊んでる。

という一文、こういう書き方をしているお友達が非常に多い

さて、これのドコが問題なのでしょうか?

正解は、いわゆる「い」抜き言葉

口語表現として使われているのならば分かりますが

そうではないお友達が目立つので、わざわざ板書して

「さて、これのドコが問題だか分かりますか?」

と、みんなに問いかけると

一番最初に応えてくれたのは、リュウくん

「ハイ!!遊ぶっていう漢字の辶(しんにょう)の点が無い!!」

「…うん…そーだネ…はい(点を足す)…これでいいかな?

 ってゆーかネ、そーゆートコじゃなくてネ…他にネ…」

続いて、嬉しそうに笑いながら応えてくれたのがユッキー

「ハイ!!字が汚い!!」(笑)

「だから、そーゆートコじゃないって

言ってンだろーが!! 言ってるでしょ♡」

最後は、大笑いで終った本日の南鳩ヶ谷教室でした。

それにしても…リュウくんに

「もう少し漢字は丁寧に…」

なんて偉そうなコト言ったもんだから

見事にブーメランが頭に突き刺さったナ……

そんなことを考えた、教室からの帰り道でした……

速度超超過!!

| 未分類 |

今週も、元気にスタートした南鳩ヶ谷教室。

いつものように、自学習&宿題チェックを行ったのですが…

先週の私の話しを、まったく理解してくれていないお友達が
何名かいらっしゃいます……

けれども、まったく頭にはきません♡

なぜなら、人間そう簡単に変わるモノではございませんから♡

しかし…悲しくはなります……

おそらく、今年度中にも何回も同じ話をすることになるでしょうし
来年も同じ話をすることになるでしょう。

先週と同じ内容というのも何なので
このブログには記しませんが

お一人づつ、釘を刺させていただきました♡

さて、そんな南鳩ヶ谷教室の本日の授業は
5年生・6年生合同で、算数のお話しをさせていただきました。

内容は「センス」のお話し

それも、問題の解き方では無く

問題を解いていく上で、自分の解答が間違えていることに気付く

「センス」のお話しがメインでございます。

正直、たいしたお話しではないのですが
こういう話しを、あまり耳にする機会が無いようですので
お話しをさせていただきました。

当たり前のように、思っていることほど
しっかりと、その意味を考えることで、正答率も上がり
ケアレスミスも無くなるモノなのです。

「へぇーー……」

とか

「うんうん…」

とか

「あるある…」

なんてリアクションをいただきながら、お話しをさせていただきました。

その後は、5年生のお友達には、それぞれの課題に取り組んでいただき

6年生のお友達と共に、算数の速さの単元の授業。

さきほど、さんざんケアレスミスを無くすための
お話しをさせていただいたのにもかかわらず

とんでもない間違いが飛び交います。

中でも特に皆が大爆笑したのが、あるお友達の解答

問題は、時速90kmで走る救急車の分速は、何kmですか?

というものなのですが

「はい!○○くん。答えは?」

と私が問うと

「…ん~ン……これじゃあ死んじゃうよナぁ…」

とのこと

はは~ん…さては、秒速で出して相当遅くなってるんだナ?と思いつつ

「間違えてもイイから、言ってごらん」

と伝えると

「ハイ!分速5400kmです!!」(キリッ

速すぎ!!速すぎ!!!!カーブ曲がれない!!

Gに耐えられなくて死んじゃうッ!!

もう全員が大爆笑でございましたwww

そんな本日の授業の最後に
私を感心させてくれたのは

ルーさん!!(パチパチパチ)

速さを比べる問題を4問ほど
デキた子から授業終了という形を取ったところ

しばらく考えてから

「あっ!!ラクショーじゃん!!!!」

そう言うやいなや

解答欄を埋めて、ニコニコしながら、私の所にやってまいりました。

問題の意図としては、全問

AもしくはBのどちらが速いか?を

計算して導き出していただきたいのですが

式は、まったく無しで、解答欄だけ埋めてあるのです。

大したモンです。

つまり、Aと解答して間違えていたところは

2回目にBと書けば正解となるというワケです。

この閃きは、掛け値なしにスバラシイと思います!!

ナイス!!ルーさん!!!!(パチパチパチ)

しかーーーし!!世の中そんなに甘くないのヨ♡

式と答えが合ってて、初めて正解となる旨と

式が無い場合は、答え合わせをしない旨をお伝えさせていただきました。

それにしても、本当に
ルーさんのこういうところは、本当にスバラシイ!!

ともすれば、否定的なご意見もお有りになるでしょうが

「生きるチカラ」

という中には、間違いなく含まれる「チカラ」だろうなぁ……と

シミジミ思った教室からの帰り道でした。