» 2020 » 8月のブログ記事

ありがとう

| 未分類 |

平成23年10月25日
たった一人の生徒と私の二人だけで始まった放課後アミークスは、
今年8回目の卒業式を迎えさせていただきました。(一期生3名は全員5年生のため)

今年度の卒業生は7名。

Y・Iちゃん、チッポちゃん、カッポちゃん
ユッピーちゃん、M・Sちゃん、ハマさん、ヒデくん。


今こうしてこの文章を作りながらも、様々な思い出が浮かび、
笑いながら涙をこぼしています。

「どうせまたスグに会えるさ」と思いながらも涙が出るし
これからの彼(彼女)らの活躍を願い、思えば笑みがこぼれます。

そんな中、浮かんでくる言葉は

「ありがとう」

です。

今日までアミークスに通ってくれた子ども達に

大切なお子様をお預けくださった保護者の皆様に

応援してくださっている皆様に

「ありがとう」

アミークスは、

子ども達の笑顔 保護者の皆様の笑顔 応援してくださる皆様の笑顔

この三つがあって、はじめて成り立つ「場」なのだということを改めて実感させていただき

ました。

そして、アミークスを卒業した子ども達が、いつの日か大人になって、
次の世代の子ども達を応援する側として笑顔を輝かせてくれることが
アミークスの目標だということ……

卒業していくこの子達は、未来に笑顔をつないでくれる大切な存在です。

いつかきっと、彼(彼女)らは出会います。

かつて子どもだった時の自分たちのように輝く笑顔の子ども達に…

その時、彼(彼女)らの耳に、心に

この声が届くことを祈りながら…

…ありがとう……

本日は、令和1年度放課後アミークス卒業式&ビンゴ大会の日

コロナ禍という、誰も経験をしたことのない状況下で
3月から活動の自粛を余儀なくされ
さらに発令された緊急事態宣言により
ずっと延期となっておりましたが
公立の小中学校の授業再開と夏休み中を含む部活動の再開を受け
未だ楽観視出来る状況ではございませんが
検温、マスクの着用、消毒、換気等の感染防止策を施した上で
上記の通り、令和1年度卒業式&年度末お楽しみ会(ビンゴ大会)
を開催させていただき、子ども達と一緒に
大いに楽しませていただきました。

異例の真夏の卒業式となりましたが
おかげ様で、8回目の卒業式となる令和1年度は
7名のアミークスの仲間が、次のステージへと旅立ちました。
この7名の仲間達は、皆様のお力添えにより「ひと」と「ひと」のつながりを
実感しながら学んできた子ども達です。

いままでの卒業生たちもそうであったように
今回卒業を迎えた7名の子ども達も
たくさんの大人の人に応援をしていただいて、
嬉しい、ありがたい、と思うと同時に

「今の自分に応援してもらう価値があるのか?」

という厳しい問いと向き合ってきた子ども達です。

「日本のこれからを担う子ども達のために」

という皆様のお気持ちを、次の世代に繋げてくれる彼(彼女)達は

「アミークスとは何か?」

という問いに対する答えそのものだと思っております。

「勉強も遊びも一生懸命」

の合言葉通り令和1年度も
子ども達と共に、楽しく活動させていただけましたこと
応援をしていただいております全ての皆様に
改めまして、厚く御礼申し上げます。

本当にありがとうございました。

IMG_4073


令和1年度ビンゴ大会にお力添えをくださった皆様(あいうえお順)

☆ アサヒカルピスビバレッジ(株)様
☆ アトリエヨシダ様
☆ (株)アドバンスコーポレーション様
☆ (有)アルファ様
☆ (株)カミオジャパン様
☆ KEY OF LIFE様
☆ケンズワークス様
☆ サン宝石様
☆ スパロイヤル川口様
☆ ダイドードリンコ(株)様
☆ 高橋土地家屋調査士事務所様
☆ (株)八洋様
☆ はねる(株)様
☆ (株)ユカ様
☆ (株)吉野家様


☆ 埼玉県にお住いの篤志家の方
☆ 東京都にお住いの篤志家の方
☆ K・T様
☆ その他 匿名の企業様(4社)

 

–SPECIAL THANKS– (あいうえお順)

☆ ヒロPくん保護者様&妹ちゃん
☆ アユちゃん保護様
☆ ちーちゃん保護者様
☆ M・Sちゃん保護者様
☆ M・Yちゃん保護者様


–SPECIAL THANKS TOO–

☆水戸部先生
☆フォービネルセ UKくん

 

なお、文末となり恐縮ではございますが、当ブログをお読みいただいた方々の中には
不要不急のイベントではないのか?
とお思いになられる方もいらっしゃるかもしれませんが
1年間頑張って来た子ども達が楽しみにしていたイベントであり
多くの大人の方々に

「応援をしてもらう」

ということが、どのような意味があるのか?
普通の学校や塾に通っているお子様たちならば考えないであろう「問い」に
真摯に向き合ってきた仲間達の門出の日ということで
ご寛恕いただければ幸いです。