2014.08.01 社会科見学in荒川

◆協力 : 国土交通省 関東地方整備局 荒川下流河川事務所
◆協力 : (株)小学館集英社プロダクション


 
放課後アミークス 社会科見学
 
埼玉県川口市と東京都北区の間を流れる荒川。異常気象という言葉を耳にする機会が増えてきた昨今、
国土交通省 関東地方整備局 荒川下流河川事務所様と(株)小学館集英社プロダクションのご協力をいただき、
私たちの身近を流れる荒川の歴史と今、そして防災について学びました。
 
社会化見学-1 社会化見学-2 社会化見学-3
建物に入る前に観察池を覗き込むと…
「ホラ!あそこにメダカがいるよ!」
本日の先生のお一人である兵藤先生が
教えてくれました。
長い階段の先にあったのは
災害対策本部室。
ちなみに2年前との「KAIZEN」
分かります?
巨大スクリーンの前で、防災について
お話しをしてくださる兵藤先生。
社会化見学-4 社会化見学-5 社会化見学-6
小さいので見えませんが、
ホワイトボードには各水門の名前と
「注意体制」「警戒体制」「非常体制」
というマグネットが…
有事の際に使用される巨大なボード
少し怖い気持ちになります…
本部室の後は、知水資料館。
兵藤先生が、模型を使って、水門の役割
について教えてくださいました。
社会化見学-7 社会化見学-8 社会化見学-9
屋外の模型の後は屋内の模型。
大内先生が、荒川の源流から河口
まで、丁寧に説明してくださいました。
続いては、荒川の名所「赤水門」の
歴史をクイズを交えながら楽しく
説明してくださいました。
そしてコチラは、赤水門をつくった男
「青山 士(あおやま あきら)氏のブース
教科書には載っていない偉人に出会う!
社会化見学-10 社会化見学-11  
そして、荒川の生き物たち。
「えっ?エイもいるの?」
最後は皆で記念撮影 パシャッ!
 
 

災害について、歴史を学ぶということについて、今回も盛りだくさんだった社会科見学、
アミークスの仲間たちの夏休みの自由研究もコレでバッチリ!のハズです……
お忙しい中、とても優しく、そして丁寧に、子ども達に様々なことを教えてくださった兵藤先生、大内先生
本当にありがとうございました。
特に、教科書に載っていることが「歴史」となっている、いまの「学校の社会科」の中で、
今日のような体験は、非常に重要なものだと感じております。
身近な所で、知らなかったことに出会う!ステキな一日でした。
 

 

 

 

 

| 印刷用ページ


welcome to amicus


※写真のぼかしについて※

昨今の子ども達が巻き込まれる犯罪の多様性に伴い、特例を除き個人を特定出来得る写真の掲載を自粛しております。 子ども達の安全と安心のための配慮ということで、ご理解をお願いいたします。

 

 

 よのなか講座バナー


 

放課後アミークス 川口市青木クラス紹介ページへ

放課後アミークス 川口市青木クラスブログ

 


放課後アミークス 川口市南鳩ヶ谷クラス紹介ページへ

放課後アミークス 川口市南鳩ヶ谷クラスブログ