2016.03.05 陶芸講座

◆協力 : 陶芸文化振興財団


 
放課後アミークス 陶芸講座
 

人類史上最古のテクノロジーとも、芸術形式とも言われる陶芸の世界を
今年は、陶芸文化振興財団の遠藤先生のご指導のもと体験します。

 
陶芸講座 陶芸講座 陶芸講座
今回作るのは、鯉のぼりのお皿。
まずは、遠藤先生のご説明…
目の前の粘土の玉が気になる
一番手前の少年…
型となる紙を見ながら、粘土の玉を
棒状にのばしていきます。
棒状にのばしたら、両脇にたたら板を
置いて……
陶芸講座 陶芸講座 陶芸講座
コロコロ…コロコロ
均等な厚さになるよう
さらにのばしていきます。
コロコロコロ~…って
そりゃ、やりすぎでないかい?
優しくアドバイスをくださる
遠藤先生。
陶芸講座 陶芸講座 陶芸講座
のばし終えたら、ヘラで表面を
なめらかに仕上げます。
表面がなめらかになったら、
型紙を置き、粘土を切り取ります。
キレイに切り取ったら、
型紙をはがします。
陶芸講座 陶芸講座 陶芸講座
10 「はっきり言って完璧ですな!」
満面の笑みを浮かべる少年。
11 型紙を外したら
竹ひごを使って
鯉の顔を描きます。
12 1人ひとりの様子を
優しく見守ってくださる
遠藤先生。
陶芸講座 陶芸講座 陶芸講座
13 続いては、陶芸講座ではお馴染みの
コチラ「印花」を用いて
鯉の体の部分に模様を入れます。
14 こんな感じ♡
15 模様を付けたら
鯉のへりをこんな感じに丸めて
お皿の形にしていきます。
陶芸講座
陶芸講座
陶芸講座
16 お目々を付けたら
できあがりー♡
17 「こっちもデキた―!」
って…怪獣じゃん…
18 「上手にできたね~」
って…未来のロボット(ネコ型)じゃん
もう一体は…メガネの彼?
陶芸講座
陶芸講座
陶芸講座
19 気を取り直してコチラがホンモノ
ずらっと並ぶ鯉のぼり
このまま1ヶ月ほど乾燥させて
焼き上げます。
20 さあ!講座の締め括りは
お片付け。
みんなでキチンと片づけましょう。
21 細かい粘土もキチンと集めておけば
また使えます。
というわけで、怪獣もロボたちも
寂しいけれど、さようなら…
 
陶芸講座
陶芸講座
22 最後に皆で記念撮影パシャ☆
23 そして後日
完成品を手に喜ぶ南鳩ヶ谷教室の仲間達。
卒業生と、青木教室のお友達には
翌日お渡しさせていただきました。

土を丸めてこねて、形あるものを創りだす。
今回も、とても楽しく、貴重な体験の機会をいただきました。
お忙しい中にもかかわらず、ご協力くださった遠藤先生、
ならびに陶芸文化振興財団の皆様。
本当にありがとうございました。
 

 

| 印刷用ページ


welcome to amicus


※写真のぼかしについて※

昨今の子ども達が巻き込まれる犯罪の多様性に伴い、特例を除き個人を特定出来得る写真の掲載を自粛しております。 子ども達の安全と安心のための配慮ということで、ご理解をお願いいたします。

 

 

 よのなか講座バナー


 

放課後アミークス 川口市青木クラス紹介ページへ

放課後アミークス 川口市青木クラスブログ

 


放課後アミークス 川口市南鳩ヶ谷クラス紹介ページへ

放課後アミークス 川口市南鳩ヶ谷クラスブログ